[M.M.S.T witter 1400]vol.31~M.M.S.T Member2016~

4 月も後半。

順調に、メンバーを増員中ですが、実は、まだ2016年度メンバーは募集中です。

その応募の締め切りも本日、24日まで。

メール送信、専用フォーム送信どちらでもご応募いただけます。

必着としておりますので、安全を期して23時50分頃までには送信完了していただけたらと思います。


なんかおもしろそうなことしているな、と思いましたら、応募だけでもしてみてください。

出会いを楽しみにしています。


↓↓↓メンバー募集についての詳細はこちらから

http://aud.mmst.net/Link Link


俳優を目指している方、舞台芸術に関して一から勉強したいという方、

ぜひ、M.M.S.T研修生制度、アプレンティスメンバーへのご応募をご検討ください。

俳優であれ、スタッフであれ、アプレンティスメンバーでは、

M.M.S.Tが日々の稽古で基礎に置いている身体的トレーニングをおこないながら、

戯曲の勉強会や実習を通して1年をかけて学んでいきます。


我こそは!という良い意味で威勢のいい方のご応募をお待ちしています。


それから、もう一つお知らせ。

実は制作部メンバー志望者も現在募集中です。

http://www.mmst.net/information/index.htmlLink Link


経験は問いません。

責任感をもって対応してくださる方、

長くお付き合いいただける方、

ご応募お待ちしています。

— posted by mmst at 12:00 pm  

[M.M.S.T witter 1400]vol.30~Periplocus Art Lab 1周年~

3月ももう終わりの時期。

年度で考えてもあと数日で新たな時節に入っていきます。


本日3月29日、M.M.S.Tのアトリエ、Periplocus Art Lab(通称PAL) もオープンして1周年を迎えました。


ちょうど1年前の今日、PALでオープン記念パーティーを催しました。


それから1年、あっという間でしたが、ふりかえれば色々あった1年でした。


アトリエ公演も何度か実現しましたし、トーク企画も実施しました。

pal1


(※注)写真は1年前の姿です。


何もない、いやむしろすでにあった壁などを壊すところからスタートし、

舞台を作ったり、客席ベンチを作ったり、照明音響設備を整えたり....etc

そして、食器類はじめ家具家電、寝具類などなど、関係者や知り合いなどに譲っていただいたりで、

いまや立派に日常生活さえ送れるくらいの場所になりました。


そんなこんなで、日々の定例稽古はもちろんですが、客演を迎えた創作では、

レジデンス施設としても活躍しました。


また、そんなに公けにしていませんが、

県外や海外のカンパニーが福岡公演などをされる際の宿としても受け入れを何度かおこないました。


運営としては、決して余裕があるわけではないですし、そのあたり今後もなかなか大きな課題ですが、

artスペースとして、自分たちのカンパニーだけでなく、

外部のカンパニー、様々なジャンルの表現者が関わって、

あれやこれや芸術文化について考える場所になっていくといいなと思います。


話は変わりますが、


M.M.S.T では、つい先日、2016年度の新メンバー募集の告知をはじめました。


>>>http://www.mmst.net/blog/index.php?UID=1458788432Link Link


詳しくは特設サイトを見ていただければと思いますが、

M.M.S.Tでは、メンバーを3つのタイプに分けて活動しています。


コアメンバー、プロジェクトメンバー、そしてアプレンティスメンバーの3タイプです。

興味のある方は是非、一度のぞいてみてください。


それはそうと、チラシも配布を開始しています。

M.M.S.Tの雰囲気がわかるものになっていると思います。

感覚重視の人は事務局までお問い合わせいただければ送付いたします。


福岡を中心に、九州、関西、関東と、ちょこちょこと施設配布はしているので

運よく?みかけた方は、応募のご検討よろしくお願いします。


さて、これまでのメンバーも現時点で、減ったり増えたりしました。


今年は、海外メンバーも加入してなんだかおもしろい変化があります。


気になった方は、M.M.S.Tサイトのメンバー一覧をのぞいてみてください。


このあたりはまた新年度になってあらためてお知らせしようと思います。


— posted by mmst at 11:41 pm  

【Member募集】M.M.S.T member audition 2016

M.M.S.T では、2016年活動メンバーを募集しています。


2014 年より体制を新たに、舞台俳優のみならず、画家やサクソフォン奏者、コスチュームアーティスト等、

様々なジャンルで活躍する作家をメンバーとしてを集め、創作の幅を拡げつつ活動を展開しております。


本カンパニーの活動に参加する高い志をもったメンバーを募集致します。


詳細はこちらより

>>>http://aud.mmst.net/Link Link


omote-001

— posted by mmst at 12:00 pm  

[M.M.S.T witter 1400]vol.29~Asian Parallax 終わりました~

「国際舞台創造支援事業『Asian Parallax』」、

参加団体の一つとしてM.M.S.Tが上演しました「カンディード」もおかげさまで無事終了しました。

http://www.ffac.or.jp/AP/index.htmlLink Link


今回は、1ステージのみの公演。


韓国、シンガポール、香港、日本のフェスティバルのディレクター等に作品を提示する貴重な機会でした。


再演とはいえ、前回抱えた言語の問題、字幕の問題、諸々の課題をクリアすべく試行錯誤の日々。

今回は、諸々の実験的な要素も多く挑戦しまして、また新たな課題も増えました。


今回の各国のゲストともそれぞれお話をし、また各国のフェスティバルの紹介や状況などの

話も聞き、盛り沢山で贅沢な時間でした。


すべての催しが終了し、「カンディード」の出演者も一旦解散となりました。


客演で東京からお越しの豊田可奈子さん、

また、同じく客演で主役「カンディード」役をつとめた釜山の俳優Han君も

本日それぞれの活動拠点に帰って行かれました。


また近いうちでもどこかできっと再会することを楽しみに、前進です。



IMG_0541

— posted by mmst at 09:36 pm  

[M.M.S.T witter 1400]vol.28~Asian Parallax/「カンディード」小屋入り~

「国際舞台創造支援事業『Asian Parallax』」、本日より小屋入りしました。


M.M.S.Tは、「カンディード」で挑みます。


特にこの1週間は毎日欠かさず作品の通しをおこない、格闘の日々。

今、この空間、この瞬間とどう向き合うか。

一瞬一瞬を問う作業の繰り返しです。


M.M.S.Tの上演時間はおよそ、30~40分程度の予定です。

上演は2/27(土)13時開演、1回のみの公演。


劇場でしか感じられない空間と瞬間、ぜひ体感しにお越しください。


* * * * * * * * * * * *


国際舞台創造支援事業 

『Asian Parallax』


http://www.ffac.or.jp/AP/Link Link



【日時】

2016年2月27日(土) ~ 2016年2月28日(日)

27日(土)13:00~17:30 3作品上演とアフタートーク

28日(日)13:00~17:00 パネルディスカッション「国際舞台フェスティバルの現在」

(※各日とも12:30開場/途中休憩あり/終了時間は予定)


【会場】

スカラエスパシオ

(福岡市中央区渡辺通4-8-28 F.TビルB2)


【チケット】

27日参加チケット(3作品観劇+アフタートーク)

一般…3,000円、高校生以下1,000円 (当日券は各500円UP)

※賛助会「わの会」会員は各200円引(※アートリエのみ取扱い・前売のみ)

 

28日参加チケット(パネルディスカッション)

参加費…無料(要事前申込み・定員有)

※申し込み方法…こちらより>>>http://www.ffac.or.jp/AP/Link Link


【上演団体と上演作品(※団体名50音順)】

近年の福岡―釜山の芸術交流の中で、手法の開発に取り組んできている3団体が上演を行います。

(※それぞれの上演時間は、30分~60分)


●M.M.S.T 『カンディード』

原作/ヴォルテール

構成・演出/百瀬 友秀

出演/Han Lee、上野 敦子、豊田 可奈子、鷲野 美佳


●グレコローマンスタイル 『SOME GAP SOUL』

脚本・演出/山下晶とグレコローマンスタイル

出演/カン・ミンジ、ヤン・ヒョユン、柳鶴 誠、山本 由貴、中山 大介、山下 晶


●14+ 『三人姉妹』

脚本/A・チェーホフ (訳:神西清)

演出/中嶋さと

出演/吉田 忠司、池田 岳人(以上14+)、Kate Moser、百田 彩乃(だーのだんす)、宮地 悦子、別所 淳子、宮木 秀明(Act.base)


【シンポジウム ゲスト】

■韓国/キム・ドンソク(釜山国際演劇祭(BIPAF)実行委員長)

■シンガポール/ヌーリーナ・モハマド(シンガポール国際芸術祭 (SIFA)

O.P.E.N.ディレクター、マーケティング・コミュニケーション・参画部門ディレクター)

■香港/ウォン・ユエワイ(進念・二十面體(ズニ・アイコサヘドロン)プロデューサー)

■日本/橋本裕介(KYOTO EXPERIMENT/ロームシアター京都 プログラムディレクター)



parallax1

parallax2


=============


主催:(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市

協力:福岡アジア文化賞委員会、HANARO project

後援:一般社団法人 日本演出者協会

平成27年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業


お問い合わせ:

(公財)福岡市文化芸術振興財団 舞台芸術振興課

担当/中原・山田 TEL:092-263-6266 FAX:092-263-6259

〒810-0802 福岡市博多区中洲中島町3-10-6F

HP: http://www.ffac.or.jp/Link Link

— posted by mmst at 01:31 pm  

prev
2017.8
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31