[M.M.S.T witter 1400]vol.19 ~「Candide」舞台写真をアップ~

11月に突入。

先日、今年9月に参加したチョンチュンナビ・アートホールの演劇短編フェスティバルの舞台DVDが届きました。

早速、サイトの過去舞台作品ページに画像をアップしています。

(動画は今のところ、掲載予定はありません。)

▼M.M.S.T official website

http://www.mmst.net/work/index.htmlLink Link

candide1


candide2



ちょっと舞台上が見づらいかもしれませんが、、、

このような作品でした。


さて、10月末には告知していたオーディションを行ないました。

多くのお申し込みをいただきましてありがとうございました。


オーディションでは、ワークショップ形式で、普段M.M.S.Tが稽古でおこなっていることをベースに進めました。

会場や時間も限られた中なので全てをお伝えすることは難しいところですが、

ただ、カンパニーの理念や大事にしているところについては触れていただけたかな、と思います。


様々な経歴や経験をお持ちの方々との出会いはおもしろいですね。

オーディションとしましては、現在選考中です。もう少々お待ちください。


〇〇の秋、が乱立するほど、街では様々な公演、イベントが開催されていますし、

来年度の助成金申請や様々な企画提案などが動く時期。


ハロウィンやイルミネーションに浮かれることなく、

引き続き、まだまだ固い土を耕していかねばなりません。

— posted by mmst at 08:36 pm  

[M.M.S.T witter 1400]vol.18 ~2015年も残りおよそ2か月~


秋晴れ続きでしたが、気候は次第に寒くなってきました。

夏場はあんなに蒸し暑かったアトリエも、そろそろストーブが恋しいほどに夕方以降ひんやりしています。


今年度末の事業や来年度の事業も動きはじめ、今週末には東京でワークショップ形式のオーディションです。

多数お申し込みいただいておりまして、定員もあと数名で締め切ります。

ご検討中の方は、お早目にお申し込みくださいませ。お待ちしています。


さて、今年最後の企画としては、12月に演劇、音楽、美術のイベントをおこないます。

近日詳細を公開予定です。

普段各地で活動するM.M.S.Tメンバーが今年は集結する可能性が高まり楽しみです。


これまで、毎年このイベントはおこなっておりまして、M.M.S.Tとしては、忘年会的位置づけの一大イベントです。

昨年も、盛りだくさんな一夜になりました。

様子は、YouTubeでもご覧いただけますので、ご興味のある方はのぞいてみてください。


▼M.M.S.T [ end of year 2014 ]


今年はさらにパワーアップした内容にする予定です。

毎年、演劇だけでなく、音楽やトーク企画など盛りだくさんな内容にしていますが、

今年はプロジェクトメンバーのほとんどが集合できそうということで、開催期間も長めに調整しているところです。


天川村で1ヶ月過ごしたかと思えば、釜山へ行ったり、東京へ行ったり、とあっという間に年末に向かっています。

残り少ない2015年を悔いなく過ごすべく、まずは年末の企画に向けて準備を進めます。

どうぞ、お楽しみに。


— posted by mmst at 08:06 pm  

【プロジェクトメンバー活動情報:本多孝男】『Graphic Art exhibition <2015. October>〜クリエイティブ表現の現在〜』作品展示

【メンバー活動情報】

M.M.S.Tプロジェクトメンバー、本多孝男が『Graphic Art exhibition <2015. October>〜クリエイティブ表現の現在〜』にて作品展示。


本多孝男 /Takao Honda

アーティスト

artists


member profile >>> http://www.mmst.net/member/honda.htmlLink Link

OFFICIAL SITE>>> http://www.takaohonda.jp/Link Link

* * * * * * * * * * *


Graphic Art exhibition <2015. October>

〜クリエイティブ表現の現在〜


◆出展作家

本多 孝男

ナガタロッソ

シオザワタケシ


◆会期

2015年10月20日(火)〜10月24日(土)

※日・月・祝日休廊


◆時間

火曜日〜金曜日 13:00〜19:00

土曜日(最終日) 13:00〜16:30


◆会場

レクトヴァーソギャラリー

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2丁目17−13 第2イノウエビル401

東西線 茅場町駅「東改札」3番出口より徒歩2分


honda_takao_01

honda_takao_02

— posted by mmst at 04:59 pm  

[M.M.S.T witter 1400]vol.17 ~[Crime and Punishment]オーディションワークショップ参加者募集にあたって~

現在参加者募集中の「罪と罰」出演者オーディションワークショップ、

少しずつご応募をいただいています。


東京でおこなうオーディションワークショップとしては、

9月に釜山で上演した「カンディード」のオーディションワークショップ以来です。


前回も多数のご応募をいただき、そこで出会った俳優の一人とは約2か月近くともに生活し、

奈良や福岡や釜山を連れまわしました。


そして、次回創作のためにまたワークショップ形式のオーディションをおこなうわけですが、

前回のワークショップを通して、また日々のM.M.S.Tの稽古を通して思うことは、

M.M.S.Tの理念としては、どれだけその関係性の中で生きられるのかということにつきるなと思います。


演技がうまいへたや体が動く動かない、ということはもちろんあればそれにこしたことはないですが、

すくなくともM.M.S.Tではそれが最優先事項ではないです。

舞台上で自分が作り上げる(つくりあげようとする)強固なフィクションにどれだけ固執できるか。

舞台で生きる覚悟をどれだけみせられるのか、ということを言うと、なんだか胡散臭いように聞こえるようですが、

最終的にM.M.S.Tが求める俳優像としてはそこにいきつくように思うのです。


社会的にいくとちょっと問題児だな、危険だなというくらいの表現者の方が舞台上では健全であったりするのかもしれません。

舞台に立つ人が社会的にまずい人だと思われると大変なのでそのあたりはきちんと訂正しておきたいのですが、

一般社会の中でいつの間にか前提になってしまっている視点や価値観を揺るがすことが一つ舞台上で求められるとしたら、

そのエネルギーは半端なものでは難しいだろうことは想像に難くありません。


舞台空間に「みる」「みられる」という関係性が一定時間以上継続されるためには、

それだけの強い意志やフィクションが求められるのだということを、

俳優経験のない私は日々地道に稽古に励む俳優陣の姿に教えられます。


正解がない世界に正解を自ら見出していくような、とても気が遠くなるような舞台で、

それこそ最前線で突っ込んでいかなければならない俳優の仕事に敬意をもちながら、

参加のお申し込みを日々お待ちしています。

そのような世界で「いきがれる」人に出会えたらと思います。


参加の申し込み受付は10/30(金)までです。

前回のワークショップの様子も小さくはありますが特設ページに掲載しています。


* * * * * * * *


▼お申し込み、詳細は下記サイトより

http://aud.mmst.net/Link Link

st1

— posted by mmst at 06:26 pm  

【プロジェクトメンバー出演情報:立石義江】あなピグモ捕獲団VOLUME.39  ー2015.AUTUMN GREAT NUMBER 39 TOURー 『パンクジェリーフィッシュフロー4AM』東京公演 

【出演情報】
M.M.S.Tプロジェクトメンバー、立石義江が、

あなピグモ捕獲団VOLUME.39  ー2015.AUTUMN GREAT NUMBER 39 TOURー

『パンクジェリーフィッシュフロー4AM』東京公演

に出演します.


立石義江 /Yoshie Tateishi

member profile>>Link

official blog>>Link


* * * * * * * * * * *

【公演情報】


あなピグモ捕獲団VOLUME.39  ー2015.AUTUMN GREAT NUMBER 39 TOURー

『パンクジェリーフィッシュフロー4AM』東京公演 


●日時+[ ゲスト出演 ]: 2015年

 10月16日(金)14:00 +[ 小畑佳子/根津茂尚(あひるなんちゃら) ]

 10月16日(金)19:30 +[ 若林史子/関村俊介(あひるなんちゃら) ]

 10月17日(土)14:00 +[ 神崎友里/laila.g.g ]

 10月17日(土)19:30 +[ 福崎望/江崎穣(ハリケーンディスコ) ]

 10月18日(日)14:00 +[ 青木五百厘(劇団KIII)/長野慎也 ]

 *開場は開演の30分前 *全席自由


●会場:下北沢 シアター711 (世田谷区北沢1-45-15)


●料金: 一般前売 2,500円

     当日   3,000円

     ペア券  4,500円 (事前予約のみ)

     U-25割引 1,500円  (25歳以下の方* 生年月日を確認できる身分証をご提示ください


●脚本・演出: 福永郁央 


●出演:

石井亜矢/遠藤咲子/ますだようこ/大竹謙作(ゲキダン: ロックンロール・ツアー)/

古賀今日子(che carino!/che carina!)/立石義江/伊藤綾/野中双葉/木福清信/

松岡伸哉(アクティブハカタ)/中島荘太/貝谷聡/小澤貴


●お問い合わせ:

PIGMIX 080-9244-0753

http://www.ana-pigmo.com/Link Link


— posted by mmst at 07:30 pm  

prev
2018.7
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31