宗像音楽会 Simple Creation 2017 sound performance

宗像音楽会

Simple Creation 2017 sound performance


別格本山鎮国寺で行われる、記憶を巡る音楽会



MMSTomote



▶︎特設サイト:http://www.mmst.net/munakata17/Link Link



【出演者】


サクソフォン

加藤里志/Satoshi Kato・・・<12/27><12/28>


ピアノ

黒岩航紀/Koki Kuroiwa・・・<12/27>


身体表現

田中秀彦/Hidehiko Tanaka・・・<12/27><12/28>


ギター

Kawakami・・・<12/27><12/28>


落語

立石義江・月光亭愛眼(めがね)・・・<12/27>


【日時】

第1幕

12月27日(水)  15 時 開演

出演:加藤里志、黒岩航紀、田中秀彦、KAWAKAMI、立石義江・月光亭愛眼(めがね)



第2幕

12月28日(木)  17 時 開演

出演:加藤里志、田中秀彦、KAWAKAMI、シークレットゲスト


【会場】

別格本山 鎮国寺

(〒811-3506 福岡県宗像市吉田966)


【チケット料金】

*両日の出演者・演目は異なります。

*各幕単独のご入場も可能です。


各 幕・・・前売り3,500円/当日3,800円


1幕+2幕セット券・・・前売り5,000円/当日5,500円


シニア優待・・・65歳以上の方入場無料

*予約先着順・予定枚数に達し次第締切りとなります。


【チケットご予約】

オンライン:http://www.mmst.net/ticket/index.htmlLink Link

電話受付:092-836-7008(担当:古賀)



【お問い合わせ】

M.M.S.T OFFICE

担当:古賀

TEL&FAX:092-836-7008

MAIL:contact@mmst.net


主催:M.M.S.T

助成:平成29年度宗像市文化芸術活動事業補助金

— posted by mmst at 10:00 am  

【開催延期のお知らせ】TINP17/国際的演劇人養成WSプログラム

【開催延期のお知らせ】


Theatrical intelligence network project

国際的演劇人養成wsプログラム


天川村アトリエ周辺の天候不順により参加者への安全確保が困難であると判断された為、

担当講師との協議の上、開催を延期させて頂くことになりました。

延期後の実施日程は、3月中旬を予定しておりますが、詳細につきましては後日発表させて頂きます。

— posted by mmst at 06:59 pm  

TINP17/国際的演劇人養成WSプログラム開催【12/6~12/10開催】 参加者募集中

TINP17/国際的演劇人養成WSプログラム


TINP(theatrical intelligence network project)は、異なる文化圏で活躍されている海外の演劇人を奈良県天川村のアトリエに招聘し、

参加者と共に実践的なスキルの開発や文化的な知識の共有を試みながら、新たなクリエイティブネットワークを構築し、

国際的なレベルで活躍していく演劇人の養成を目的としたワークショッププログラムです。


奈良県天川村にあるアトリエM.A.Lに滞在し講師によって考案された演劇探求プログラムに参加して頂きます。

参加者は演劇創作に関するあらゆる問題に総括的に取り組んでいきます。


【担当講師】

康源宰(カン・ウォンジェ)(Kang Wonjae)

慶星大学 演劇科 卒業

現:チョンチュンナビ・アートホール 代表

俳優 兼 公演企画者として活動

釜山市内で演劇大学志望者、俳優を目指す若者の演技指導、育成にあたる他、

自身が代表をつとめる劇場、チョンチュンナビアートホールを中心に、演劇短編フェスティバル、

日韓交流企画HANARO project、東アジア演劇キャンプ等を企画、実施している。


【応募資格】

18歳以上の健康な男女。 舞台未経験者可。


【日程 】

2017年12月6日(水)~12月10日(日)


【受付期間】

2017年9月26日(火)10:00受付開始

※定員に達し次第受付終了となります。


【募集定員】

10名

※定員になり次第締め切ります。


【参加費】

54,000円(期間中の受講料、宿泊費、食費を含む)


【お申込み・詳細】

特設サイト内応募フォームもしくは、メールにて必要事項記入の上、お申込みください。


<特設サイト>

http://ws.mmst.net/tinp17/Link Link

— posted by mmst at 01:25 pm  

M.M.S.T performance 2017『カラマーゾフの兄弟』


M.M.S.T performance 2017

The Brothers Karamazov


M.M.S.Tでは、ロシアの文豪ドストエフスキーの3つの小説『地下室の手記』『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』の上演を試みながら、

ドストエフスキー世界の謎めいた魅力を発見する『ドストエフスキープロジェクト』をおこなってきました。

本プロジェクトは2011年の『地下室の手記』創作より開始、2012年『罪と罰』、2013年『カラマーゾフの兄弟』と上演を続け、

その後も再演を繰り返してきました。

今回上演する『カラマーゾフの兄弟』は2013年の初演以来、初めての再演になり、新たな出演者とともに新演出で上演致します。


原作:フョードル ドストエフスキ

翻訳:北垣 信行

構成・演出:百瀬 友秀

出演者:上野敦子、菊池真奈美、城之内竜之介、諏訪珠理、戸梶泰志、藤廣果歩、森耕作、鷲野美佳


【日時】

10月14日(土)19:00開場 / 19:30開演

10月15日(日)14:30開場 / 15:00開演


【会場】

BUoY 北千住アートセンター

(〒120-0036 東京都 足立区千住仲町49-11)


【チケット料金】

前売り:3,000円

当 日:3,500円


【チケットお申込み・詳細】

http://www.mmst.net/karamazov/Link Link


【お問い合わせ】

TEL&FAX:092ー836ー7008 (担当/古賀)

MAIL:contact@mmst.net

主 催:M.M.S.T

制 作:合同会社periplocus

— posted by mmst at 10:00 am  

[M.M.S.T witter 1400]vol.35 〜M.S.P17関連企画「戯曲を読み解く演劇講座」〜

8月も中旬にさしかかりました。

8/22~から始まる舞台創作ワークショップ(通称M.S.P)も近づいてきました。


全国各地から参加する参加者の皆さんとは、

ワークショップ当日に、天川村のとあるバス停で初めてお会いします。


夏休みで天川村の観光客は増えるとはいえ、長距離バスさながらの天川村行き路線バスに乗る方はなかなか少なく、、

荷物の多さと雰囲気で参加者の方々を認識して声をかけております。

参加者にとっては、山奥です、くらいの情報しかないミステリーツアーのようなワークショップ、お楽しみに。


それはさておき、ワークショップショーイングの情報も随時アップしています。

今年は、M.S.Pが10周年を迎えるので、記念のシンポジウムとパーティーも予定しています。

ご観覧予定の方は、ぜひ観劇後の夜の予定も空けておいてください。


そして、もう一つの関連企画、「戯曲を読み解く演劇講座」のご紹介をします。


覗かれたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、twitterでは、

この「戯曲を読み解く演劇講座」について公式アカウントがあります。


地味ながら淡々とアップされている鈴木泉三郎の戯曲のあらすじ。

しかも手書き。

https://twitter.com/ReadPlays_MSP17Link >


ウエノというスタッフが鈴木泉三郎の作品を読んでは、あらすじをまとめ、紙にしたため、アップしています。

そろそろ世間から完全に忘れさられているのではないかという他のスタッフの不安もよそに、

ウエノはいまだ淡々と上げ続けています。


鈴木泉三郎という人物のことを知っていた人も知らない人も、

鈴木泉三郎の戯曲を全て読んだという人はなかなかいないのではないでしょうか。

同情も含め気になった方はぜひのぞいてください。


この演劇講座の申し込みは昨夜一旦締め切りをしましたが、

まだ定員の空きがございますので継続して募集していく予定です。


この企画の魅力としては、「戯曲を読む」ことに焦点を当てて、

「演じる」「観る」だけではない、演劇との関わり方を学べるところです。


課題となる「谷底」「火あぶり」のあらすじを400字という制限の中でまとめ、

この戯曲のテーマは何かを考えて提出、講師である演劇研究者、正木喜勝さんにご意見をいただきながら、

参加者とともに戯曲を読み解いていこう、というものです。


さらには、講座終了後の頭がまだほやほやのうちに、

M.S.Pで創作された田辺剛さん演出、M.S.P参加者出演による「谷底」「火あぶり」のショーイングを観劇できます。

舞台として立ち上がったものを踏まえて自分たちが読み解いた作品についてさらに深めることができます。


戯曲を読み、あらすじとテーマを考える、という作業はありますが、

その作業以上の見返りはあるはずです。

ご参加お待ちしています。


*****************************************


【講座概要】


MSP17創作作品の鈴木泉三郎『谷底』『火あぶり』を読んで、

それぞれの戯曲のテーマと400字のあらすじを事前に提出していただきます。

講師の評価が高いあらすじには特別賞を授与、講座当日に発表します。

受賞者には、賞状の授与、特典として参加費をキャッシュバックいたします。


情報は、twitter公式アカウントにて随時発信します。

>>>Link @ReadPlays_MSP17


【講 師】

正木 喜勝(演劇研究者)

1978年京都生まれ。博士(文学)。大阪大学、 宝塚北高校演劇科などで演劇研究・教育に従事したのち、

現在は学芸員として演劇史料の調査および研究にあたっている。

専門は演劇学、近代日本演劇史。共著に『劇的尖端 村山知義』、『交差する歌舞伎と新劇』など。

論文「豊中グラウンドの誕生とその意義」「草創期宝塚少女歌劇上演目録補遺」など、大正期関西文化の歴史研究にも取り組んでいる。


【日 程】

8月28日(月)17:00集合

※講座終了後、舞台創作ワークショップのショーイング作品を観劇します。


【会 場】

independent theatre 1st

(大阪市浪速区日本橋5丁目12-4)


【参加費】

2,000円(観劇チケット費含む)


【お申込み&課題提出締め切り】

8月25日(金)


【お申込み方法】

下記フォームよりお申込みください。

>>お申し込みフォームLink


【問い合わせ先】

M.M.S.T OFFICE

8 1 4 - 0 0 1 3 福岡県福岡市早良区藤崎1 - 1 6 - 1 5

TEL&FAX:81(0)092ー836−7008(担当/古賀)


主催:M.M.S.T

企画・制作:合同会社periplocus


— posted by mmst at 04:25 pm  

prev
2017.12
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31